思い出すと怖いなって思う話

未だにふと思い出すことがあります。

 

 

そうよ、おねーちゃんをもっとありがたがって。

 

 

 

さらっとうんこ投げるの禁止。

| 日常とか妄想 | - |
アルバイトのバイ子さん--バイ子さん2

食事処に、おばちゃんが働いてるだけで美味しそうと思ってしまうあれ

 

 

店主もそう思ったんじゃないかな…でも、

 

 

 

注文の旅に出るとなかなか帰ってこないバイ子さん(仮名)。

みんな!注文は2つまでな!

 

仕上がった器を「3番テーブル」に持って行くにしても

 

 

 

 

 

 

 

 

雇い主自ら誘導。

で、

 

 

と思いついたかどうかは知らないけど、

 

 


 

店主自らレクチャー。

 

バイトに指示をする度、店主の手が止まる。

果たしてこの雇用は正解だったのか。

 

いやいや!

誰にでも初めてがあるんだから!

 

こうして丁寧に教育することで、

後々戦力となってくれればいいわけで、

これこそ先行投資で人材育成だよね!

 

何が凄いって店主の気が長い。
いらつく様子も見せず、気長に教えてる。

 

頑張れ店主!

頑張れバイ子さん!

 

 

ここ美味しいし、私たちは好きだし通って応援します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| バイ子さん | - |