ウィキッド 5/17(土)マチネ

2014.05.26 Monday

エルファバに江畑さんがキャスティングされたと聞いて




 

というわけで、観てまいりました。

 
【キャスト】
グリンダ 谷原志音
エルファバ 江畑晶慧
ネッサローズ 豊田早季
マダム・モリブル 中野今日子
フィエロ 上川一哉
ボック 厂原時也
ディラモンド教授 菊池正
オズの魔法使い 松下武史

<アンサンブル>
脇坂真人 内海雅智 斎藤准一郎 佐久間仁
品川芳晃 菱山亮祐 文永傑 松尾篤 若山展成
あべゆき 石野寛子 小澤真琴 間尾茜
芦澤瑞貴 織田なつ美 花田菜美子 本井亜弥







ところで



めちゃくちゃ良かった!

これが役者さんにとって誉め言葉かどうかわからないけど、
自分としては誉めてるつもりで


谷原グリンダは、可愛くて綺麗でした。

アリエルの時は、どちらかと言えばお人形のような無邪気な可愛さでしたが、
今回はグリンダとしての可愛さで、アリエルは全然思い出しませんでした。

歌もちゃんと高音も綺麗で感動しました。
かつて、二幕最初のグリンダの高音は沼尾さんしか無理と思っていましたが、
久しぶりに観た苫田さんも出てたし、谷原さんも出てますし、
これで観たいグリンダが増えて嬉しいです。





元々、彼女の丸みは気になりませんでした。
私はミュージカルにおいて歌が好みである事と、
演技が嫌いなタイプでなければ、
容姿のストライクゾーンは広めです。

なので例え彼女が、ぽっちゃり体型の緑色、
それがつまり─、
”まりも”みたいでも条件をバッチリ満たしてくれてるので、
大好きなエルファバでした。
でも、久しぶりに観た彼女は


うあああああああ




何ダイエットで痩せたのかしら。




デブは努力なしに他人のダイエット効果を羨ましがるのです。

痩せたけど、歌声のパワーは健在でした。
相変わらずカッコイイ!
これからもっと年齢と経験を重ねて熟した時が末恐ろしいです。

しかし何故急に痩せたのか。

肉いっぱい、夢いっぱいの我々は考えました。







ネット上のニュース記事によると、
CEOがその計画を認め、












でだ!
そこで、デズニミューに実績ございます四季にお任せ下さい。
なのです!

江畑さんが痩せて姉妹感出した上で、
どうですかと、アナとエルサに彼女たちはどうなんですかと。



谷原さんならアナにぴったりだし、
あのパワーを持ってすれば、江畑エルサならきっとやってくれましょう。




ぜひお任せ下さい。




話が脱線した上に、まだ、登場しか書けてないのに


というわけで、突然無理矢理、続き物に。
また来週にでも。

ウィキッド楽しみ

2014.05.16 Friday


これは、
四季ミュージカル「WICKED」のエルファバに
江畑さんがキャスティングされたという情報を得た所です。

ずっと待っていたキャスティングだったので、
少し行きたいという気持ちが芽生え、
夫にも伝えてみました。
でも、


とか言っていたから、
夫はそういう気分でもない上に
今回は無理かもと思っていたけど
空席状況を見てみる。





































さっきとテンション、随分違うのね。

死神と少女 〜遠野十夜〜

2014.03.04 Tuesday


主人公の兄、遠野十夜攻略、完了しました。
ここにきて思うのは、これは恋愛ゲームなのか?です。




日生先輩の時は確かに乙ゲーしてる認識は充分でした。
桐島先輩あたりで時々忘れつつ、
今回の十夜ではファンタジーな小説読んでる感覚しかなかったです。

後は死神を残すのみですが、十夜攻略してからしばらく、
あの物語の世界が脳内で何度も広がってしばらく妄想から抜け出せずにおりました。

主人公の兄である十夜の攻略するにあたり、
近親相姦臭を心配しておりましたが




コスモス畑の真ん中で爽やかに言えるくらい、大丈夫でした。


私はこのゲームに至っては、
早い段階で攻略サイトでカンニングしながら進めておりました。
なので、少しも道を誤る事なく順調に2次元を生きておりました。


ですが今回、兄の攻略にて─、

物語は3分の2程進んだ頃でしょうか。

2次元の美人な主人公は、
泣きながら登場人物の一人である
ある男性の手をひいておりました。


ところが突然、手を引いていたはずの彼が居なくなります。


振り返る彼女。


そこに突如あらわれる死神。
死神は言うのです。


「終わりって?」







暗転。






映りこむ現実。






まさかのジ・エンド。

そう、カンニングしたはずがどこかで選択項目を間違ったらしいのです。

攻略サイトの閲覧はスマホで行っておりましたが、
それが選択項目を見誤った原因らしく私は、
全ての項目を1〜最後まで紙に書き出し
済んだところはチェックを入れていく事にしました。

書き出す作業そのものを間違わないように、何度も何度も校正して。




これ・・・恋愛ゲームしてますかね?

死神と少女〜桐島七葵・千代〜

2014.02.17 Monday

攻略推奨の順番は、




先日、日生先輩の攻略完了したので、次なるターゲットは、



ゲームにおける攻略構成を図にするならこんな感じでしょうか?



ときメモは学生生活3年間の時間軸は同じでも、
ターゲットが決まれば、
その数あるエンディングを目指し攻略していく、
一方、死神…は


1本の共通軸があって、ターゲットが攻略できればお話は一区切り。
死神を目指さない限り共通軸は終了しません。
まだ、全ての攻略が完了していないので確かではありませんが、
そんな認識で間違っていないでしょうか?

GSしか知らない私は、
日生光のエンディングを迎えた後、
同キャラのもう一つのエンディングも回収してしまいました。
その後、桐島先輩をはじめたのですが
途中で思いました。
「これは桐島先輩攻略する流れで回収すれば良かった。」と


攻略手順が近しい桐島と千代は、
先に千代を攻略しましたが、その選択は
間違ってなかったと思いました。

桐島先輩攻略後のすっきり感ったらなかった。


そして、桐島先輩は


声優さんが一緒だったので、馴染み+男らしさで好きでした。
でも乙ゲーにありそな








と、まあこのように




見ていてニヤニヤ前歯乾く要素はちょっと薄めでした。
日生先輩は、そのくだりがまあまああったので、
桐島先輩にもそれを期待しちゃった。



乙ゲーたるもの、別キャラからひやかされたい!!!!
もっと、ヒューヒュー言われたい!!















みたいなさーーーーー




でもまあこのゲームは、キャラそれぞれの展開があるからこそ面白いのだし、
本当によくできてるお話だと思います。

あああ
描きたい事いっぱいだけど、ネタバレなりすぎるからやめとこう。

次は十夜です。



この人、主人公の兄なのです。

これまでも、やけに
スキンシップの多い兄妹だなと思っていたのですが
兄を攻略ってどーゆーこと。
血はつながってないって展開なのかな。


男兄弟がいる私としては、家族間での恋愛は
気持ち悪いと思ってしまうのです。

過去に弟のキカイダーごっこによく出演させられた私。


その日は敵方の雑魚兼、
ビジンダー。



ビジンダーには特別な事情がある設定というのは建前上で、
いわゆるお父さん向けのサービスショットだったのだと思うが、
とにかくビジンダーは劇中、よく苦しんでいた。
ので、「うう」といって、あとは横になっていればいいので楽するためのビジンダー。

その時の弟設定では、キカイダーの健闘むなしく、ビジンダーが死んでしまうのです。



悲しみから更なる力が目覚めて、
「な…なにぃ!?あいつにまだそんな力があったとういうのか!
バカな!!!!!」
っていう最終回的な見せ場ね。
あれやってた。


そして、どこで覚えたのか












キカイダー敗れる。



これからする十夜攻略中に
「馬乗り」って選択項があったら一度は選ぼう。
 

死神と少女 〜日生光〜

2014.02.14 Friday

乙女ゲームの王道『ときメモGS』には随分とはまりましたが
これの新作が余りにも出なさすぎる。

出す気あるのか、ないのか。
はたまた、出す気はあるけどまだ企画段階か、それとも制作中なのか。

そこの所はっきりしてくれなくちゃ




まあ出たとなったら、老眼鏡かけてでもするけど。
いわゆるメガネっ子です。


GSシリーズが出るか出ないかで悶々とするうちに他の乙ゲーにも手を出してみようと試みる。

で、

これ買ってもらいました!

誕生日プレゼントとして!

おばちゃん祝いに!


このゲームは謎が多く、推奨攻略順というのがあります。
その順番通りにしないと早い段階で”謎”が明確になってしまい
少々の盛り上がりに欠けるかもという事だったので、
攻略順を守り1人目の





彼の攻略を終了したところです。


その感想


その面白さに、久しぶりに書きたい衝動がピンコダチ!

というわけで、久しぶりに2次元の世界に旅立ちます。
しばらくお付き合い下さいませ。


まず最初に─、
攻略サイトを探したり見たりする中で
ネタバレしないように皆さん配慮してるっぽい事がわかりました。
ですので、私もそれに倣って
ダイナミックにネタバレしないようにレビュりたいと思います。


まずはやはり乙ゲー、設定は高校生です。


これが主人公。
つまりプレイヤーって事になるのかな?


ときメモと違って、最初から主人公に名前がついてます。
主人公には兄もいて、その兼ね合いだと思うのですが、
苗字を変える事は無理です。
でも名前は変えられます。


ただ、名前だけ変えても、

中年のリアルが邪魔して



ので、私は名前を変えずにプレイしてます。


「ときメモ」は主人公を自分の名前に変更ができて
登場人物が私の名前を呼んでくれるので
完全にプレイヤー=ヒロインでしたが、
「死神と少女」はプレイヤーが”遠野紗夜”という
ヒロインに感情移入する形式に思えます。


でもそれもいい。



20歳以上サバよんでる罪悪感がなくていい。


「ときメモ」は学力とか運動とか部活とか
それぞれのパラメーターをあげたりと
常にコチコチボタンで操作しつつ、
計算しつつ、一定の条件を満たさないと


お待ちかねの告白をしてもらえません。






時にやってくる虚無感

そんな事も含め楽しかったので、どちらがいいとかではないのですが

「死神と少女」は時折出てくる選択項を間違わなければ、
プレイヤーのセンスとか計算は関係なく、
あっさりエエ感じルートに入れます。


なので


ってなった日の翌日に

っていう事は起こり得ないです。



そして、何より私が面白いなぁ…って思うのは、
「何かのお話を読んでるみたい」
という感覚です。


例えば、皆様ご存じ浦島太郎というお話。

亀を助けて
竜宮城に行って
お土産で老ける


あのお話。





って思いません?
私は思います。


でも色々な角度から見てみると、
それは浦島視点だからそう思うだけで、
乙姫視点で見るとそうじゃないかもしれない。


もっと違う見方をすれば、あの玉手箱も
陸で開けて良かったのかもしれない。

万が一玉手箱を水中で開けたなら
深海で突然老いた事により



そうなっていたかもしれないのだから。


1つのお話だけど、味方によっては色んな物語が詰まってる。


そんな事を思わせるゲームで、お話のジャンルは「おとぎばなし」って感じです。
おとぎばなしなので、


って思うところも確かにあるのですが
よく出来たゲームだなーと思います。
乙ゲーしてるというより、
謎解きしなくていいレイトン先生をプレイしてるみたいって思う時もあります。

また、劇中エピソードがいくつかあるのですが泣いたものもありました。
ネタバレさせないつもりなので書けませんが



ああああ怖い。


泣けるという情報だけは幾度か目にしたので、





 

当然、乙ゲーなので、惚れたはれたはございます。
そしてもれなくニヤニヤします。

攻略順からいってもオオトリである”死神”
タイトルロールなだけあって、いきなり登場するし
そのインパクトは大きいし。


それよりなにより、キャラが魅力的過ぎて





よって、



となってしまったせいか、
死神に良く思われたい項目を選択していたのかな




と気が付き、攻略見てモトイしました。
あの人は最後のお楽しみに取っておかなくては。


でも、やり直し当初は





と後ろ髪ひかれまくりでしたが、
それなりに対象キャラの攻略ルートに入ってくると
2人の世界に集中できるようになっているのでしょうか?

攻略対象が主役とすれば、それ以外の脇役が脇役に徹してくれているようで
ついには後半は一切見かけないというキャラもおりました。

でも、そこが集中できてこのゲーム、いい!と思いました。


そのおかげで、日生ルートになったとたん


あっさり にゃんちゅう化。



声優の方が全力で2次元に命を吹き込んでくださってるおかげで
ニヤニヤが止まらない。

先日、風邪を引いたので病院の待合室で遊ぼうと、
イヤホンとPSP持っていきました。


大丈夫。

多少にやけても













暇な方を選択せざるを得ない。

 

しかし、何なの声優さん。
ゲームの中のキャラは一切動いてないのに、声優さんが動かすよね。








家っていいね。思いっきり悶えられる。

たまらんわー
私も夫でやったろか。






でもババァ経験値高すぎて特に赤面しないので



殴って赤く!!!!!



 

さあ奥さんも一緒に2次元に行こうよ。