ウィキッド

2009.04.06 Monday

何度目になるか忘れましたがウィキッドを観劇してきました。





は、あまりにも有名ですが
ミュージカルウィキッドはそれに出てくる



が何故、どのように誕生したかに絡めて、
”オズの魔法使い”は本当はこんなお話だったのかもよ?
という、ええ話なのです。


ずっと見ていたかったのですが千秋楽が決まっちゃいました。
次行く場所に引っ越してやろうかと思うほどにさびしいです。
とにかく見れる間に見ておきたいとはりきっておる次第です。

今回の観劇は、オリジナルキャストではなかったので、
どーかなぁ?と思っていたのですが。

1幕が終わった後



2人してものすごい虜に。
良い魔女グリンダ役の役者さん、苫田さんがすごく好きになりました。

コミカルなところが笑えて、演技も細かくてずっと見ていたくて
他の方が演じている間も終始目が離せないくらいステキでした。


カーテンコールの際、主役の2人がそれはそれは楽しそうに

抱き合う姿を見て







ここから先はネタバレ注意です。






ブリキ男とカカシとライオンを連れて悪い魔女をやっつけに行くドロシー
という女の子の冒険物語である『オズの魔法使い』はまさに
犬と猿とキジを連れて悪い鬼をやっつけに行く『桃太郎』かのようです。


で、あれば『桃太郎』も”もう一つの物語”があっても良いのかもです。


勝手に考えてみました。




ドロシーがオズの国にやってくるずっと前、
良い魔女グリンダと悪い魔女エルファバはシズ大学の同級生で
オズの魔法使い陛下に会いに行くために、互いの手を握り締めて、
エメラルドシティに行きます。





一方、桃太郎は、悪い鬼をこらしめに鬼ヶ島へ行きます。


それこそ桃太郎の悪い鬼も、本当は悪くなんかなくて…
桃太郎がどんぶらこと流れてくるずっと前に


赤鬼と青鬼は互いの手を握り締めて鬼ヶ島にたどりついたのかもしれません。



鬼ですらありません。
もしかして、駆け落ちの末に結ばれた夫婦かも。


爺様と婆様は、









その桃太郎が”鬼”を退治した後、本当の事がわかるのです。









笑ってよ

2009.03.18 Wednesday

さあ!この恋のクライマックスはどうなる!!!!ってドラマを見ていても



泣いたりしないのですが、




例えば…
























はたまた




















基本、頑張ってる姿に弱く(2例とも妄想だけども)、すぐ泣きます。
これが成熟なのでしょうか。


そんな中年花盛りの私ですが、





レイトン先生に夢中です。



シリーズ3つとも続けてやっちゃいました。


シリーズ2作目の『悪魔の箱』はナゾがものすごく難しくて、
ストーリーを追ったりする余裕がなかったです。
だからあまり期待はせずに最終作へ挑んだのですが、
一番面白かったのは、このシリーズ最終作『時間旅行』です。



でも、まさか







レイトン教授に哀愁を感じてもう。
ルークが可愛くってもう。







でも、中年期。




ふとした瞬間にDSの画面に映りこむ












すごい威力。

漢字

2009.02.26 Thursday

非常に今更ですが、





してます。





という状態でやってます。





と、隣が悩み出そうものなら、良妻賢母の私は







力になりたい。



そんなDSライフを楽しんでおる私ですが、漢検ソフトもしてます。

先日の誕生日に友達からプレゼントしてもらったのです。

何せパソコンを使い出してから、漢字力の衰えがひどいです。

読みならまだしも、特に書く方がひどいです。



ゲーム感覚で漢字問題を解いていて気が付いたことは、

”漢字はもう雰囲気でしかおぼえてない”

ということです。



ふわっ

としか浮かんでこないのです。





あくまで例でしかないのですが…



それを絵で表すならこうです。









例えばこのような問題が出たとします。





”てい”裁を思い浮かべようとすると、



パッ と 頭の中には ”体” という文字が浮かびます。











頭に浮かんだこの漢字を、なぞるように書き出そうと手を動かした途端



その各線が







勝手に崩れ出して







私を惑わせるホットストーリー。

ライオンキング7回目

2008.11.04 Tuesday

毎晩の晩酌はしないです。

平日に飲むと翌日だるい(量を調節しろと)ので、飲むのは週末だけです。

その為のお店を探したのですが、あまり気に入る店がなく、
家で飲むというのが定番化してまいりました。



酔っ払ってくると我々が決まってする事は…







この


ライオン・キング ミュージカル
ライオン・キング ミュージカル
劇団四季ミュージカル・オーケストラ

(アマゾンにジャンプします)



劇団四季のライオンキングミュージカルCDに合わせて歌って踊ります。





そりゃあもう懸命に。



もちろん途中でやめたりしません、最後までやりきります。









あほです。



で、このアホふたりの3連休前の舞台は相当な熱さ。

熱が入ったついでに、本物を











まさに便利になったインターネット社会の光と影。



クリスマス付近だと力入ったりするのかな?なんて適当な予想をして、
12月に取ってみます。



その後、公演10周年目に突入期間らしいし、
キャストにも力入ってるんじゃないの?

と、キャスト表を見て



と叫んでしまう。



スズオ君は隣でビクゥとなる。





私がライオンキングを最初に見たのは大阪で、約10年ほど前でした。

その時ムファサ(お父さんライオン)役をされていた、
役者さんにものすご感動して釘付けになりました。
早川正さんてお名前でした。

その後数回見ましたが、早川ムファサを見る事が出来ず
もうCDでしか聞けないのかなぁ…と思っておりましたが



キャストリスト見たら



載ってるぅぅ!!



キャストは今日そこに載っていても明日は変わってる事があったりします。
明日をも知れぬリストなのに、我々が取ったチケットは12月!

早川ムファサを再見できるチャンスを逃してしまうかもしれない!





過呼吸になりそうなくらい興奮する私を見てスズオ君は言います。














というわけで、陛下のお言葉に甘えて、ライオンキング7回目を見てきました。



オープニング、10年待っていた早川ムファサの登場。



皆一斉に挨拶をし、





ただでさえ感動するのに、
早川ムファサがそこに立ってるというだけで
ウレションしそう。



居てもたってもいられない。



私も




テンキューfor the music

2008.10.10 Friday



というわけで、

これ、

Wii Music
Wii Music (Amazonにジャンプします)
任天堂

予約しました。

スズオ君はマリオギャラクシー等、今時のマリオでも


器用にプレイしていますが、
私は、スーパーファミコン時代の初期マリオでも
1面クリアするのにヒーヒー言ってます。
ドキドキするのが苦手で、プレイ中にすぐテンパります。

ワールドワイドウェブで裸の絵は描けても、
ゲームに関してはノミの心臓な私は
このwii musicの発売をとても楽しみにしていました。
なので「いよいよ出る」となって迷わず予約しました。


気分はミュージシャンです。


発売日の16日以降は自宅がライブハウスです。






そして今も尚、頻繁に来られるこの方





我々の熱烈なファンなのかも。


時にはファンサービスもしなくては。


ロッカーらしく。








wii musicがロック調でない事、うっすら感じています。