金色のコルダ 初トライ

2016.03.07 Monday

そして交換手続きも無事済んだコルダ。
本日2つめの記事というか、続きを書きます。


2005年の発売というアンティークなせいか
スマホで見る攻略サイトが扱いにくく
自力で頑張ってみてます。


しかし!!!ここはコルダ軸!!!
GS軸とは違う。
学園違えば攻略方法も違うですよ。
やり方わからないけど頑張るですよ。


とりあえず、世界観はこうだと思ってます


舞台は音楽の高校。
リリってゆー天使があらわれます。





決してヤバいお薬に手を出したわけではありません。



夫も大丈夫です。
ただコルダのアニメを見ていたおっさんなだけです。

そんな天使リリちゃんがくれたバイオリンで



という演奏コンテストに、恋にと奮闘する物語だと思います。
ざっくりとした世界観の説明は終わり。



さっそく”勘”ではじめてみました。
とりあえず、最初の攻略対象は




彼にした理由は、
ちょっと冷たくされたからです。
2次元においての私のツボです。



いつのまにか、色んな曲が演奏できるようになってました。
まるで神童ですね。
おばさんですけど。

それらの曲を演奏する技術を磨いていく。
プラス、意中の人と親密度もあげていく。

そんな感じです。


マリオで言う所の”コイン”扱いな
”天使”がおるのです。


曲が流れる間だけ現れる”天使”をゲトするのですが。

ババァがひたすら
全力疾走してテンパる時間となっております。


そもそも、現れる条件がまだわかっていません。
なので居るかもという可能性に賭けて無駄に走っております。

その他、演奏を人前で行い評価ポイントを稼ぐ
練習コマンドがあるのですが

ご覧の通り、さきほどの天使コマンドと隣接しております。


よく押し間違えるんです。
きっとコルダあるある。














まちごーた。


 

金色のコルダ

2016.03.07 Monday


と、気まぐれに。

とりあえず久しぶりにド健全な乙ゲーがしてみたくなりました。
ずっと私のお気に入りだったGSの続編は
大人の事情で望みは薄そう。

それなら最近続編4が出た『金色のコルダ』
この伝統に触れる事ができたら
しばらく楽しめるかしらと思うに至りました。


コルダ先輩に教えて頂いた情報によると
PSP版において物語の順番は、









このような順番だよーって画像解説しようと思ったら
今気がついた。

1、金色のコルダ(無印)
2、金色のコルダ2f ←ここが2枚届いてる
3、金色のコルダ2fアンコール

たまにはブログも書いてみるものですね。
ちょっと連絡してきます。


※追記※
その後、超スマート対応していただけました。ありがとうございます。

マーメイドゴシック感想2

2015.01.20 Tuesday

ある日人魚はみつけてしまうわけです。


描き易さ優先の為、人魚がおっさんになってますが気にしないでください。
これはおっさんではなく人魚です。



そう、人魚はみつけてしまったのです。




死にゆく人間を。



消えゆく命を放ってはおけない心優しい人魚は、
その人間を助けたのです。

人間を助ける。

それは人魚界にとっては大罪。




父である王により10年もの間幽閉されてしまう人魚姫。










とは言わずに、その任務を素直に全うすべく陸にあがる姫。



陸にあがるからには、下半身の魚仕様をどうにかしなくてはです。
人間仕様にしてもらうべく、魔法使いの力を借りたりします。




ここら辺の一連の共通エピソードを終えたらいよいよ各キャラの単独ルートに入ります。




共通ルートを1度通過すれば次回からは、スキップできる上に
どのキャラの攻略ルートに入りたいかを聞いてくれるハイテク機能付。
なのでルートに入るのは楽々です。

攻略順は諸先輩方の推奨順を参考に・・・


1)ガウェイン(執事)

2)牡丹(海賊)

3)ガリレオ(宮廷医師)

4)弥彦(海賊のボス)

5)バジル(王子)

6)ダン

7)エリアス(幼馴染)

8)ロキ(魔法使い)



エリアスは声優萌えにつき、”お楽しみ”に取っておきたくて、
最後にしか持ってこれないロキの前に無理矢理ねじ込みました。
でも、結果的にはバジルの前の方が良かった気がしてます。
その方が”真相”がわかる流れとしてスムーズかと。



あれは牡丹ルートでしたか。

個別ルートはそれぞれ約13章くらいあるのですが、
各章の冒頭になると、
ペンで書いているようなカリカリ音とともに

このように
「さあこれから牡丹のエピソード3がはじまるよー」
みたいな画面になるのです。


主人公にはラウラという姉がいます。



確かに牡丹ルートをしていたはずなのに
突然現れた


ラウラの文字。





胸元にドクロという
精神的にもファッション的にも苦痛な
彼のセンスにもようやく慣れ、
楽しく過ごしていたのに。


さあ、これから愛を育むというときに





突然の姉。


これには困惑しました。


何度チャレンジしても


出てくる姉。

どの選択項目を間違ったのだろう?
何がいけなかったのだろう?
姉が出てくる度に何度やり直した事か。


で、何度もやり直してわかりました。
それが正解だということに。
このエピソードが終われば、しれっと牡丹ルートに戻ります。
これからなさる方心配せずに姉と戯れてください。

今私は「凄い有益な情報発信したった」という顔をしてこれ書いてます。
それではまた。(かっこいい顔で)

マーメイドゴシック感想1

2015.01.17 Saturday

すっかりファンになってしまった近藤さんが声をあてているので購入は検討しておりました。


マーメイドゴシック。

でも彼が担当するキャラが



とまあ、この様に、どうも煮え切らない系な感じ。
そんなキャラはあまり好みではないので、どうかなぁ・・・と思いとどまる。

けれども、もしかしてもしかすると、
彼の演技力です。
イイ人に見えるけど実はその裏で相当な闇を抱えており、最終的には


こうなり、オラオラしながら攻めてくるキャラかも知れない!!
という妄想が膨らむ。
それなら欲しい!!!

けれど、あくまでそれは私の妄想です。
終始いい人の可能性が高い。
そもそもこのゲームの話自体、面白いかどうかもわからないので、
しばらく待って、レビュー見てから購入検討しようかな。

と、思っていたものの
ツイッタのTLで感想を漁るたびに欲しくなり、
あっさり購入してしまいました。

私は弱い子です。


まず、ネタバレしない程度の内容説明を。
タイトル通り、『人魚姫』の物語をベースに作られたっぽいお話です。
人間の王子を助けた人魚姫が最終的には、
恋は実らないわ泡になっちゃうわで
踏んだり蹴ったりの救いようのないあの『人魚姫』です。

主人公人魚姫リディアは人間を助けます
その方法が”人魚界”では大罪で、
それを無罪にするべくヤツを殺しに陸に行きます。

殺人に出かけた先で、恋にうつつをぬかします。













チマチマ更新していくつもりです。



声優萌え

2014.11.28 Friday



これは最近ドはまりしている声優さんの声をイヤホンできいて
脳が爆発しそうな所です。


ずーーーーっと楽しみに取っておいた
BLゲーム(R18)

(↑アマゾンにジャンプします)
このドラマCDを聞いたのですが。




床ズレというか悶えズレおこしそうです。

劇中には若干の性的なぶつかり稽古もあるのですが
ゲームのカルロは稽古中、声での参加は薄めだったのに
CDはあれからしばらく経過したお話で
かつカルロの心も解凍されつつあるせいか
照れ屋の球児くらいは声出してます。


濡れ場シーンにて
 

マキの声に埋もれて聞こえ難いカルロの喘ぎ声を
必死で聞き取ろうとスナイパーみたいな顔して聞いてました。
でもまあマキ側が聞きたい人だっているものね!


後は終始




と悶え、終盤で


泣いちゃうし。


そして疲れる。



声優にハマるのだけは避けたかったけど、
本当に彼の声と演技がツボ過ぎて参る。


素人の私だと、録音された自分の声に


となりますが、あんなエエ声してたら
本人であっても


って思うのかな。思うわな。



困った事に下品な言葉ですら、
脳がうっとりしろと指令を出します。


なぜだろう、彼が言うペ●スという言葉は


私の脳では






YOUTUBEで観たのですが、
某所にあるロープウエイのアナウンスを
その声優さんがなさっていて
何それ!いいな!と思いました。


ああ、世の中の音っちゅー音が全部彼の声になればいいのに。



例えば【信号】



もう渡らない。渡れる気がしない。




【目覚まし時計】だって




はじめてのアサダチが待ってるわこれ。




【駅のアナウンス】もお願いします。





東急電鉄は東きゅん電鉄にすべき。



そして今日もサンプルボイス巡りが止まらない。