ユタと不思議な仲間たち 5/28(土)マチネ

2011.05.30 Monday



2年前に観た時(過去記事



という感動の仕方をして、すごい大好きになった演目です。
表現し難いのですが、日本人として標準搭載されていた気持ちが何かのはずみで起動した。
その何かがこの演目だった。
みたいな感覚になるのです。

興味のある方はどうぞです!



■内容-------------------------------------------------------

父を亡くし、母の実家がある田舎に引越ししてきたユタ。
シリィボーイ(cityboyを発音よく)なユタは皆とうまく馴染めず、いじめられます。
皆からいじめられている時に不思議な事がいくつか起き、何者かに助けられる感じがしたユタ。それを寅吉爺さんに話すと、座敷わらし達の仕業ではないかとの事。ユタは座敷わらしに興味を持ち、会いたいと願います。彼らに会うべく、古い大黒柱のある離れに1人で泊まりこみ、怖い気持ちと戦いながら眠りにつきます。いつの間にか眠ってしまったユタの前に現れたのは…
--------------------------------------------------------------
【キャスト】
ペドロ 菊池正
ダンジャ 柏谷巴絵
ゴンゾ 伊藤潤一郎
モンゼ 和田侑子
ヒノデロ 道口瑞之
ユタ 上川一哉
小夜子 奥平光紀
寅吉 吉谷昭雄
ユタの母 あべゆき
クルミ先生 丹靖子
大作 鈴木伶央
一郎 厂原時也
新太 赤間清人
たま子 柏円
ハラ子 齋藤舞
桃子 安宅小百合
2年前に観たときに比べて、お客さんが少なくてびっくりしました。

開場したての時なんて、







通常は誰かの影でこっそり楽しむ恥ずかしがりやさんですが、そうなったら話は別です。
演者さんたちに最大の賛美を!

でももったいないです。こんなにいい演目なのに。



確かに、他の演目に比べたら、激しく地味です。
ミュージカルにありがちな、”最初は大勢のキャストでにぎやかに歌う”という見せ場なく始まります。

たぶん自分の出身地とは違う方言を聞き取ろうとしているからだと思うのですが、会話シーンになると舞台を観るというより本を読んでいる様な感覚になります。

セットも全国行脚できる大人の事情仕様なのか、コンパクトです。
山の頂上という場面のセットでも、



でも、ちょびっとだけ表記だからこそ見えていない部分の広がりがすごいあります。

ペドロ達が歌いだすことで、



見えない部分に美しい景色が広がってくのを感じるのです。

歳でしょうね。
そういう世界感を味わっていると、ペドロたちやユタがたまらん愛しくなってきて、それだけで泣けてくるんです。



年とるのも悪くないです。





すごい良かったです。
舞台から少し離れた席でも細かなその表情に何度か泣かされました。
あとお母さんの泣き崩れるところあれ無理ね泣いちゃうね。


前回は、サイドブロックで前の方だったので初観劇なのに舞台の全貌が見えにくかったのですが、



ペドロ一家の登場時のテンションの上がり方はハンパないです。







しかし、ユタ。
すごいよあんた。

私、そろそろ肩があがらなくなってもおかしくないくらい大人だけど、
こんなのに遭遇したら



あの世いけちゃう。









今回は早かったです。
歌に入る前の、この一喝で目頭が熱くなりました。
私もペドロに怒られたいです。







ダンジャの柏谷さんの太ももからお尻にかけてのラインが美しくて好き。
あの人のかわりにエステCMしたらいいのに。







で、ビビったわけです。



ちょっと前まで、



とは思えない、女性らしくしなやかな動き。



圧倒的な存在感で、



これが恋?







ペドロ達が歌いだすと、プルプルするくらい興奮します。

5人ぽっちで歌っているのに、



5人+全員で歌うところももちろん素敵です。
雨が降るや降らんやのあそこ、ウエストサイド物語思い出します。



私は絶対この演目は見るべきとか思うのですが、お客さんは思いのほか少なくて、カーテンコールの時に演者さんがおりてきてくれて皆で一緒に歌うというのがあるのですが、私は毎日観たいくらい楽しかったよ!!!!ってのを表現したくて



ってのをしたかったのですが、

あかん!

全力で歌ったら気持ちが高ぶって



このような事になりかねない様注意して歌いました。



観た後すぐは、帰り道歌を口ずさむだけでも



このまま泣いてしまっては



になってしまうので、



というだけが精一杯の我々。



前回は新型インフルエンザが流行して中止になったけど、今回は出演者の皆様による”見送り”を体験できました!



さあ、握手してもらえて、うっきょー!の時間です。

でも、ややこしい性格のせいで混雑してたりすると



と諦めてしまう傾向にあるのですが、こんな私でも握手していただけるくらいウェルカムな感じで握手天国でした。



握手天国とか言いながら、スズオが



してくれなければ、緊張しすぎて手を出すタイミングがわけわからんかったけど。



本当は、



と熱い想いを伝えたいのは山々ですが





って言うのが精一杯でした。

でも、すっごい嬉しかったです。





いじめっこの女の子が可愛かった。
さっきまで嫌な奴と思っていたのに、私は思わず、



もちろんこんな事できませんし、クルミ先生に大興奮しようとも、



しか言えない私だけど嬉しかったです。

厂原さん探したんだけどどこにいるかわからず、握手できなくてちょっと残念。



会場を出ると居ますよね。私にも見えますよね座敷わらしが。



ペドロ一家に超興奮!!!





とか言ってるつもりで







最後は上川ユタ



そういや、私の父も持ってますよこんなポロシャツ。



とか言いたいけど、



を見るのがつらいのでやめました。

「ありがとうございました」しか言ってないけど、楽しかったです。

また観れるといいなぁ。
また握手できても「ありがとうございました」しか言えないだろうけど、また観たいです。



これより先、お食事中の方はお控え下さい。

というわけで、









鐘の音に乗って空へ!!









腕っぷしより先に三半規管をよろしくな!