<< ガールズサイドをもう一度Mainコルダ3 >>
美女と野獣 1/28(土)マチネ

 

美女と野獣見てきました。

だいぶ前に。

 

しっかり感想が書ける程記憶は定かではないので簡単に。

ビーストは佐野さんで

ベルは苫田さんでした。

 

 

佐野さんの歌い始めの入りの声がとても魅力的でした。

小さいだけじゃない、あれはどこから聞こえてくるのだろう?

と声の源流を追いたくなるような

小さい音なのに印象深い歌い出しで

聞いてると胸がキュッとなる愛せぬならばでした。

 

あと夫婦ともに思ったのは

ルフウ役の赤間清人さんの歌声が

聞いていて気持ちよかったです。

動けるデブ的にダンスも楽しかったです。

ルフウはキャラとしてその日もスベってましたが、

歌とダンスだけはイケてる男でした。

 

佐野ビーストはこれまで観て来た王子の中でも

やりとりが現代風というか、

若者っぽく感じました。

 

野獣が人間へと姿を変えた後も

野獣を観客として愛しぬいた者の楽しみですが

 

 

 

 

と思う程のベテランっぷりでしたが、

久しぶりの観劇で我らご満悦でした。

 

あー劇場いっぱいある所に行きたい。

 

 

 

さてさて、

ミュージカルやアニメを観た事がない方でも

ご存じの方が多いであろう

美女と野獣のプロローグ。

 

 

----------------------------------------

あるところにワガママ王子がいました。

 

そんな彼の元に現れた

 

 

醜い姿の老婆は言います。

「一晩泊めてはくれまいか」と。

 

ですが王子はその容姿が気に入らず

 

 

と言ったかどうかはわかりませんが

一向に取り合わず追い返そうとします。

 

 

その時、老婆はなんと!!!!

 

 

たちまち美しい魔女へと

姿を変えたのです。

「ハハーンだ!本当は私は美しい魔女でしたー!」

というネタバラシ。

 

 

 

だが、時既に遅し。

王子が無礼を詫びた所で

魔女に取り付く島はなし。

 

 

 

怒った美魔女は

戒めの為に王子に魔法をかけてしまいます。

 

 

 

そして、もやは人間でもない容姿と

その魔法を解くには心から愛されろ!!

このバラが枯れるまでな!!!

 

と、どえらい時限爆弾を科してしまうのです。

というプロローグ。

 

 

 

私は思うのです。

 

魔女よ─、

 

 

そこは、どうなの?

同じではないのかね?

 

ひどくない?

 

 

王子よ

「プリザーブドフラワー 作り方」

で検索だ。

| ミュージカル | - |